菊名でプロミスを探して・・・なんてしなくてもいい!

菊名に住んでいるとプロミスで契約するにしても自動契約機を探して、、、という流れをイメージするかもしれませんが、それはもう意味がありません。というのも、今は全部ネットでできるからです。しかもプロミスってよくよく調べたら菊名駅前にはなくて、綱島に行かないとないんですよね・・・こうなると余計にネットからの方が良いです。
プロミスのネット申込みがコレ

 

菊名から最も近いプロミスがここ

★綱島東口自動契約コーナー
横浜市港北区綱島東2-1-13 高山ビル1F
自動契約コーナーが使える時間帯:9:00 - 22:00

 

で、ネットからのほうがあれこれ待ち時間もありませんし今すぐに申込みできるしと、
自動契約機や店舗でやるよりも明らかに大きなメリットしかないんですね。
しかも最近はカードの発行もせずに、プロミスから自分の銀行に振り込んでもらってお金を借りる方法もできます。
こうなると余計に自動契約機に行く必要がなくなってきますよね。

 

菊名に住んでいても自動契約機に行かなくてもいいその申込み手順

前述した自動契約機には行っても行かなくてもいいです。
ですが、取りあえず最初の申込みだけはプロミスのWEBで進めるようにしましょう。
これだけでもだいぶ時間と労力の無駄を省けます!

 

プロミス 300*150

 

その流れとしては、まずプロミス公式サイトから基本的な情報を入れて審査を依頼します。
フル入力とカンタン入力がありますがこれはどちらもで良いです。
ただカンタン入力はあとから電話がくるのでオペレーターと話ながら必要箇所を答える感じですね。

 

で、その後に身分証明書や収入証明書(給与明細)のデータをメールかアプリで提出します。
写真を撮って送るだけなのでめっちゃ楽ですよね!
これが自動契約機に行かなくてもいい理由です。

 

※収入証明書に関しては、希望額が50万円未満なら原則不要です。
でも提出お願いします!と言われる場合もあるので柔軟に対応してください。

 

ここまでやったら後は在籍確認などの審査が行われて終了。
問題なければ無事、契約となります。

 

お金を借りるのはカードレスにして銀行振込だけで借りる方法もありますし、
カードを発行してもらって自宅に郵送、もしくは自動契約コーナーに取りに行くという方法もあります。
ここで初めて自動契約機に行けばいいだけの話なんですね。

 

まぁプロミスの利用者はとにかく多いですし、申込み方法なんて誰でもできるくらい非常に簡単です。ここが難しかったら利用者もこんなに多くはありませんしね!
上記の説明でよく分からない箇所がある、もっと深く知りたい!という場合にはプロミスの申込方法を別途参照してみてください。1つ1つの事を相当詳しくまとめているのでこれでプロミスのことは完璧になると思います。契約後のお金の借り方についても理解できるはずです。

キャッシングやプロミスのこと、あれこれ

お金を借りる時は、在籍確認を目的として働いている企業に連絡がありますから、「キャッシングを必要としていることが会社の人に知られてしまうのではないか?」と頭を悩ます人も数多いはずです。
ですがそれは大丈夫。在籍確認電話は個人名でされますし、会社バレの要素は基本ありません。あなたが離席していてもそれでも在籍確認は済んでしまいます!

 

カードローンの借り換えを考える際は、融資利率がどのくらいなのかも大事なポイントですが、そのことよりもそれなりの融資をしてくれるかどうかが大切だと言えます。
借入の審査が即実施される「簡単便利なキャッシングの申込方法」と言ったら、オンライン申込です。身分を証明するための書類もインターネットを駆使して即送付できるので、申込が終わった後すぐに審査が開始されるというわけです。
カードローンの借り換えをするなら、言うまでもなく低金利なところをチョイスすることが必要です。手間と時間を掛けて借り換えたとしても、従来のカードローンの適用金利とほぼ変わらないのでは無意味です。
話題のおまとめローンの最大の目的は、あちこちの借金をひとつにして、今現在より低金利のローンに借り換えをすることで返済の合計額を低減することにあるわけで、その点を意識したキャッシング業者の選択をするようにしましょう。

 

どのカードローン業者を選ぶのが最善なのか比較するという際に、チェックしておきたいポイントは「無利息の適用期間がどのくらいか」、「申込日と同日借り入れが可能なのか」、「収入証明書を用意しなくてもよいか」の3つです。
月内に全額返すなど、1ヶ月経つ前にお金を返すあてがある人は、無利息期間のあるカードローンを申し込むようにすべきだと言っていいでしょう。
カードローンの審査で調べられるのは所得や仕事の履歴ですが、今までの借入がマイナス要因となることも考えられます。過去に借入していたことは、信用情報の管理提供を行っている機関でチェック可能なので、隠したくても隠せません。
銀行が市場展開しているカードローンは、消費者金融が市場展開しているカードローンと比較するとわかるように低金利が適用されており、また総量規制の対象には入っていないので、1年間で受け取る総収入の1/3を超すキャッシングも可能なのです。
キャッシングサービスを提供していても、銀行は「貸金業者」ではなく、どんな業務をしようとも「銀行」ですので、貸金業法の対象ではないのです。平たく言えば、銀行で借り入れる場合は総量規制の対象にならないのです。

 

現在はキャッシングの申込方法も多種多様にあり、自分自身の生活様式やふところ具合に応じた方法を選択できますので、相当借りやすくなったと言えると思います。
お金を借り入れたいという場合に、何にも増して大切になってくるのが現金化できるまでの時間だと言っていいでしょう。当HPでは短時間でキャッシュをゲットすることができる消費者金融をランキング順に羅列してご案内させていただいております。
低金利で話題のおまとめローンをセレクトするときは、大切なポイントがあります。それというのは、上限金利が他社より低い数値となっているということなのです。10万円単位の借り入れであれば、上限金利が適用されることになっているからです。
即座に融資を受けられる即日融資は、たいていの金融機関で扱っているサービスと言っても間違いではないほど、広く知られてきていると言えます。その金利もキャッシング会社ごとに少し異なるものの、ほとんど変わりません。
近頃のキャッシングの申込方法には、Web上でできる申込と自動契約機で行う申込があります。オンラインでの申込の際は、申込から契約完了まで誰とも会わなくても実行することができるのが特長です。